夢を叶えたハンサムウーマンから、嬉しいお便り!

13737512_1087040791375716_8409570538741009686_o

関東など梅雨明けがまだな、蒸し蒸し&変わりやすい天気の夏、ですが、皆さん、いかがお過ごしですか?海外ではバケーションシーズン真っ盛りですね!!!

スペイン、マドリッドにお住まいのハンサムウーマンで、念願の文学翻訳の夢を叶えた小原京子さんから頂いた、夏の便りをご紹介します。

私は、初めて挑戦した文学翻訳が、ついに1冊の本になり、嬉しい夏です。

オリジナルは、スペイン人作家でジャーナリストのアントニオ・G・イトゥルベ著『アウシュヴィッツの図書係』。
死と隣り合わせのアウシュヴィッツにありながら、隠し持っていた8冊の本を命の糧、希望にして、ホロコーストを生き抜いた14歳の少女の実話からインスピレーションを得て書かれた物語です。

念願だった文学翻訳。この世界の大先輩、宇野和美さんと二人三脚で、楽しみながら、ときに苦しみながら、なんとか仕上げることができました。集英社から出版され、今週から本屋さんの店頭や図書館に並んでいます。よかったら、読んで感想などいただけると嬉しいです。

『アウシュヴィッツの図書係』
著者: アントニオ・G・イトゥルベ (1967年スペインのサラゴサ生まれ)
訳者:小原京子

小原京子の初めての文学翻訳が7月5日に集英社から出版されました。スペイン・サラゴサ出身のアントニオ・G・イトゥルベ作の『アウシュヴィッツの図書係』という実話をもとにした小説です。第二次世界大戦末期、アウシュヴィッツの強制収容所内にあった秘密の学校で、ナチスにみつからないように8冊の本を隠し持って「図書係」の仕事をした14歳のチェコ人少女ディタ。本を希望にホロコーストを生き抜いた主人公のモデルとなった実在の人物への取材をもとに書かれた小説です。戦争の残酷さだけでなく、読書の素晴らしさを伝えるとてもよい本で、強制収容所の中の群像劇としても興味は尽きない。

出版社:集英社
単行本 : 448ページ
発売日:2016/07/05
定価:2,200円+税
ISBN:978-4087734874
四六判

13776019_1087040811375714_4659689577074251124_n 13872659_1087040728042389_7787666536565815191_n 13735639_1087040734709055_1066960044080630586_o 13767364_1087040768042385_2877003093990937269_o 13738251_1087040731375722_3691640350878594344_o 13708347_1087040784709050_5056660807210176905_o 13738081_1087040804709048_2510802725589075273_o

【HSWW新メンバー紹介】第3弾はイタリア・ローマから!

【HSWW新メンバー紹介】海外在住日本人ネットワークHandsome Worldwideの新ハンサムウーマンをお迎えしご紹介するコーナー、第3弾はイタリア・ローマから、倉田洋子さんのご紹介です。http://www.hsww.jp/profile.php?id=242

ご挨拶写真 (1)

高校時代にアメリカの高校に留学して以来、海外生活を続けていらっしゃる洋子さん。現在ローマ在住12年、コーディネートやアテンドのお仕事の傍、現地の方々に日本伝統文化を伝える活動をされているそうです。

絵葉書のような美しい風景写真の数々もたくさん送って下さいました!

Yokoさん、今後ともどうぞよろしくお願いいたします!

「皆さま、はじめまして。 イタリア、ロ-マのYokoです。

高校生の時にアメリカ、カリフォルニア州に留学をして高校、大学と現地の学校を卒業しました。その後、現地の不動産会社に就職し、十数年カリフォルニアで過ごしました。

そしてそこで知り合った夫とローマに移住してきたのが12年前のことです。

ロ-マに移住してきたばかりの頃は、言葉を覚えることも大変でしたがイタリア人の生活習慣や人との接し方が日本やアメリカと大きく違い、日本からアメリカに渡った時よりカルチャ-ショックが大きかったです。

ですのでイタリアの生活に慣れるのに結構時間がかかりましたが慣れてしまえばイタリアでの生活は実は自分に一番合っているのではないか?と思う時があります。 

外国に長く住んでいるせいか、日本にいた時より日本文化の素晴らしさを誇りに思います。

日本で始めた生け花をカリフォルニアとロ-マで続け現在はイタリア人の方々に生け花をご紹介する活動も行っております。

このようにお仕事でも日本とイタリアの架け橋になるようにお手伝いさせていただきます。

どうぞ宜しくお願いします。」

ロ-マ水道橋 Piazza Navona Pantheon アッピア旧街道 Fontana di Trevi colosseo Foro Romano

ハンサムウーマンレポート from タヒチ

13701247_1082280351851760_2362559848207293007_o

【ハンサムウーマンレポート from タヒチ】
アイタ・ペアペア!!!

タヒチでCAとしてご活躍されるハンサムウーマン、西堀まあささんより、今回ご紹介したいのは、タヒチ語の言葉です。

「アイタ・ペアペア」。日本語に直訳すると「問題ないよ」という意味。困った事があった時、「まあ、大丈夫、なんとかなる」という意味合いで使われます。実に楽観的ではありますが・・・大らかで陽気なタヒチの人が言うと、全く悪気なく、言われた方も「そっか。何とかなるだろう」という気になってしまうのが不思議です。
たとえば野外イベントでは、雨天の場合どうするかという事は、前もって知らされません。雨が本当に降りそうになったり、降ってしまったら、その時に決まる場合がほとんどです。前もって聞いても「雨は降らないから大丈夫」という答えが返ってきます。

毎年7月のこの時期、タヒチ島では「ヘイヴァ・イ・タヒチ」という伝統文化のお祭りが開催されます。期間中はタヒチアンダンスと歌のコンクール、伝統工芸展、アウトリガーカヌーレース、ヤシの木登りや槍投げなどの伝統競技大会、とイベント盛りだくさん。
中でもダンスコンクールは何夜にもわたり開催されるお祭りの目玉イベントです。屋根のないステージで踊るので、雨が降ってしまったら大変!それも中止の場合は順延ではなく次の週に延期になる事がほとんど。どのグループも1時間にわたるショーの中で数回衣装を替えるのですが、中には生の草花を使った衣装もあります。それは出場前日から当日にかけて準備します。当日雨が降って中止になってしまい。せっかく作った衣装をまた作り直し、なんて事もあるんですよ!それでも「アイタ・ペアペア!」それがタヒチの良さなんですね!

<西堀まあささん プロフィール>
フランス領ポリネシア、タヒチ島在住。子供の頃から旅行で訪れたタヒチの文化に興味を持ち、大学では太平洋文化人類学を専攻。2002年に通訳ガイドとしてボラボラ島へ赴任。その後フライトアテンダントに転職。雑誌やラジオへのタヒチレポートと取材コーディネートも。趣味はタヒチアンダンスとアウトリガーカヌー。

13691014_1082280391851756_7673647390633548029_o 13725044_1082280341851761_2702572695964982622_o 13719676_1082280345185094_1782726583316074564_o 13668917_1082280375185091_4443744244795698908_o 13690965_1082280401851755_8701610805692343879_o

視察団、今晩は「ヨーグルト」!

13640961_1074732872606508_5488648369775003342_o

TV朝日スゴ〜イデスネ!!視察団、今晩は(腸内フローラブーム?!)ヨーグルト!!!
1年半この番組をやってきて、一番やりがりがありました😅
歴史・ヨーグルト大国で、初登場のギリシャ&トルコの現地コーディネーター・ハンサムウーマンの大活躍なしでは、全く成立しなかった。
ヨーグルトの菌や歴史や最新情報まで!
どうかお見逃しなく!

13580426_1074732865939842_3360276742565694818_o 13576858_1074732869273175_8389753350370376932_o 13641261_1074732909273171_4881536193993635884_o 13585155_1074733209273141_4316598037718904664_o

 

【HSWW新メンバー紹介】第2弾はアメリカ・ニューヨークから

HSWW新メンバー紹介】我らが海外在住日本人ネットワークHandsome Worldwide、新ハンサムウーマンをお迎えしご紹介する新コーナー、第2弾はアメリカ、ニューヨークから森島美帆さんのご紹介です。
http://
hsww.jp/profile.php?id=236

236Miho_Morishima

ニューヨークに渡って3年、メディア制作会社勤務を経て独立。現在はフリーランスで通訳やメディアの交渉、現地アテンド、リサーチにと日々マルチに活動中のハンサムウーマンです。
お写真は美帆さんセレクトの素敵なニューヨークの街並み風景。一コマ一コマに、大都会の夏の香りが伝わってくるようです。
Mihoさん、今後ともどうぞよろしくお願いいたします!

「アメリカ・ニューヨークのMihoです。初めまして!

ニューヨークはすっかり暖かくなり、海開きもして既に夏真っ盛りです。湿気が少なく、日本の夏よりは過ごしやすいかも知れません。

私はニューヨークの夏が一番好きです。週末には通りに屋台が並んだり、公園では大きなスクリーンが設置されて無料の映画公開イベントが行われたり、海で野外コンサートが行われたり。。楽しいイベントが目白押しです。

イベントでは普段の忙しい、せかせかしたイメージのニューヨークとはかけ離れて、ピースフルな雰囲気が漂っています。

そんなニューヨークから、現地のネットワークを通じて日本企業との架け橋になるよう、日々邁進しています。

どうぞ、宜しくお願いします!」

miho-ny1 miho_ny2 central+park2 chelsea dumbo FDNY Freedom+tower-world+trade+center (1) graffiti Manhattan+view subway

【HSWW新メンバー紹介】記念すべき第一回はイタリア・ミラノから

【HSWW新メンバー紹介】我らが海外在住日本人ネットワークHandsome Worldwide、新ハンサムウーマンをお迎えしご紹介する新コーナー(祝)!記念すべき第一回はイタリア・ミラノから。

http://www.hsww.jp/profile.php?id=232

13450897_1063252607087868_3508920935300965379_n

アテンドも通訳もリサーチもオールマイティにこなす才女、嶋末みどりさん。笑顔が素敵で美声!ハンサムウーマンです
お写真はみどりさんセレクトのイタリア風景の数々〜ああ私、今すぐ飛んでいきたい🇮🇹
是非今後共末長くよろしくお願いします!Grazie Mille & Welcome Aboard!!!

“日本のもっているストーリーを、世界に伝えたい。”

みなさま、初めまして!イタリア・ミラノよりMidoriです。
生まれは長崎です。「長崎くんち」という諏訪神社のお祭りが大好きで、坂道ににぎっしりと並んだ屋台のまぶしい光や、踊り子さんたちが舞う姿は、鮮明に覚えています。

家族の影響で、日本舞踊を習いはじめたのは2歳の時でした。幼い頃から、日本の伝統文化に囲まれながら育ったせいか、大人になるにつれて、だんだんと海外への憧れが強くなっていきました。

シカゴにある大学へ進んだものの、ご縁があってイタリアへ。
同時に両親が転勤のためブラジルに暮らすようになった時にはイタリアとブラジルを行き来する生活もありました。

海外での暮らしは、その土地の文化について必死に学ぶ毎日でした。言語の違いはもちろんのこと、人と人の距離感もまったく違う。その差異に悩むことも多々ありましたが、他の文化を理解していくにつれて、あらためて日本の素晴らしさに気づくことができました。

誠実さ。人を敬う気持ち。周囲への気遣い。強い団結力。
日本で自然と培った教えが、実は価値のあることなのではないかと。そして、そうした価値こそ個人主義が根強い海外で、もっと活かされるべきではないかと思い始めたのです。

仕事を通して海外市場に挑まれている日本の方々の志にふれることができる度に、この思いは強くなっていきました。
それぞれの国には、古来から受け継がれているストーリーがあります。たとえば、イタリアはローマ時代から異国との貿易を盛んに行ってきた歴史があります。

だからこそ、いまでも多様な文化を受け入れたり世界へ発信するということにとても貪欲です。昔ながらの素地が人々の暮らしに根付いているのでしょうか。

私の住むミラノは、世界の知見が集まる国際的なイベントがあり、有名企業や著名人が年中訪れ、つねに最新の情報が行き交う街です。日本とヨーロッパの狭間にいるからこそお役にたてることがあるのではないかと強く思います。

日本を離れていつの間にか、18年が経ちました。ここミラノより日本の企業やクリエイターのサポートを現地ならではのネットワークを通してお手伝いさせていただきます。
どうぞよろしくおねがいいたします!

13466418_1063252677087861_6932052521960771184_n 13512181_1063252650421197_730976404164622584_n 13260151_1063252610421201_8874133299067787248_n 13495311_1063252613754534_6735282642995234144_n 13501774_1063252647087864_7436929468150331116_n 13511950_1063252653754530_6523439568582831820_n

HSWW海外レポート from イースター島

13483261_1063181783761617_2833138872010008468_o

HSWW海外生レポート!今回は、先週Tokyo FMにてOAした「イースター島」から、まずは写真をとくとご覧あれ! Pitures are worth a thousand words! というように、モアイ像の島ののどかさや神秘さが伝わってきませんか〜思わず😊になる風景の数々。そんな魅惑のイースター島に移住した、ハンサムウーマン最上由生子さんから、メッセージが届きました!

最新のイースター情報は、遺跡を巡る定期バスが先月からはじまったことでしょうか。今まで、村から離れた遺跡に行くためにはツアーか、レンタカーでした。公共のバスではありませんが、停留場所は10の遺跡にあり、一日4度通ります。料金は一律で1日の間であれば、何度でも利用可。ですので、一番目の停留場所で降りて2番目の停留場所まで歩いてバスに乗る、又はビーチでのんびりして一日最後に通るバスに乗って村に戻るといったことが可能になりました。この島では初めての試みです。

<最上由生子さんプロフィール>

日本のシステム販売会社に勤務後、モアイフェチを自認する夫とともに1997年よりチリ、イースター島に在住。近代化が進んでいく島を見守り続けている。地元に溶け込むことを日々努力中。イースター島の日本旅行者の問題解決のためのボランティア活動により、チリ在日本大使館より表彰されたことも。ホテル勤務。

13501706_1063181843761611_476460662285285109_n 13507232_1063181830428279_5989786626958341311_n 13458510_1063181797094949_8351334529348945802_o